2009年1月14日水曜日

ダリオ・シルバ、チャリティマッチで元気な姿を見せる!!

ダリオ・シルバが右足を切断したのは2006年9月のことだった。当時、所属チームも決まっておらず、まだまだ戦える選手であるにも関わらずウルグアイにいたことが不幸だったかもしれない。失われた右足を見たときに彼がどれだけ絶望したかは想像するにあまりある。

しかし、彼は2年半経って元気に立ちなおっていた。

交通事故で片足切断のダリオ・シルバ、2年半ぶりの復帰試合で2ゴール(スポーツナビ)

ウルグアイ有数の温泉保養地、プンタ・デル・エステ市で開催されたチャリティーマッチ、ウルグアイ対アルゼンチンには、両国から有名人、知名人が参加した。ウルグアイ代表メンバーとして試合に出場したシルバは、義足の右足でピッチを駆け回り、シュートにアシストに大活躍だった。この試合でシルバは、PKによる1点と、引き分けの後のPK戦での1点の計2ゴールを決めた。試合はPK戦の末にウルグアイが勝利した。


Darío Silva volvió a jugar... ¡y marcó dos goles!(MARCA)

スポーツナビの元ネタはMARCAの記事。



You Tubeに投稿された動画によるとウルグアイ代表のユニフォームを着たダリオ・シルバは14番の背番号でPKを決めるなど活躍、PK戦でもゴールを決め、アルゼンチンを破っている。映像を見る限り、義足でも動きはいいし、あれだけ走れるものなのだねというくらいいいのだけれど。

サッカールールに抵触するから普通の試合には出られないのだよね。

ロンドン五輪に向けてボートの練習をするということもインタビューで答えていたのだけど、あれはどうなったのだろうね。

彼の人生に幸多いことを祈っているよ。笑顔が戻ってきたから大丈夫だと思うけれども。

2 件のコメント:

jasmintea さんのコメント...

彼が事故にあったときのキリさんの記事、今でも覚えています。
復帰してゴール、なんて素晴らしいのでしょう!
きっと励まされる人達もたくさんいますね。
どうも報道は悪いことばかりが多く、こういうイイ話は埋もれてしまいがちな気がします。
記事に書いて下さってありがとうございました。

kiri220 さんのコメント...

>jasminteaさん

事故にあったときも、彼がボートでロンドン五輪を目指すときもエントリーとして取りあげました。
今回もニュースを見つけたときには書かなければといろいろ見て回りました。
写真がと思っていたら、動画があったからそれを貼り付けて。
こういうときに動画で元気な姿が見せられるというのはいいですね。
ダリオ・シルバはゴールを量産するというイメージはなかったのですが、明るくてガッツがある選手でした。
彼が復帰(サッカーの公式戦には出られないにしろ)したことで励まされる人が多いといいなと思います。