2008年9月29日月曜日

U.A.E.、ウズベキスタン戦に向けて日本代表メンバーを発表!!

Friendly Match Kirin Challenge Cup 2008 Japan vs. United Arab Emirates @ Tohoku Denryoku Big Swan Stadium

2010 FIFA World Cup South Africa Asian Qualification Round 4 Matchday 3 Japan vs. Uzbekistan @ Saitama Stadium 2002

キリンチャレンジカップ2008~ALL FOR 2010!(10/9vsUAE代表@新潟)
2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 (10/15vsウズベキスタン代表@埼玉)
日本代表 メンバー
(日本サッカー協会)

GK
 
川口 能活 KAWAGUCHI Yoshikatsu
 1975.08.15 180 cm  77 kg  
ジュビロ磐田  114 / -103
 
楢﨑 正剛  NARAZAKI Seigo
 1976.04.15 187 cm 80 kg 
名古屋グランパス 60 / -60
 
川島 永嗣 KAWASHIMA Eiji
 1983.03.20 185cm 80kg 
川崎フロンターレ  1/-1

DF
 中澤 佑二  NAKAZAWA Yuji
 1978.02.25 187 cm  78 kg 
横浜F・マリノス  79 / 15
 高木 和道  TAKAGI Kazumichi
 1980.11.21 188 cm 75 kg 
清水エスパルス 1 / 0
 田中 マルクス 闘莉王 TANAKA Marcus Tulio
 1981.04.24 185 cm 82 kg 
浦和レッズ 15 / 3
 駒野 友一 KOMANO Yuichi
 1981.07.25 172 cm 76 kg 
ジュビロ磐田 39 / 0
 阿部 勇樹 ABE Yuki
 1981.09.06 177 cm 77 kg 
浦和レッズ 30 / 2
 長友 佑都 NAGATOMO Yuto
 1986.09.12 170 cm 65 kg 
FC東京  4 / 0
 森重 真人 MORISHIGE Masato
 1987.05.21 179cm 72kg 
大分トリニータ  0 / 0
 内田 篤人 UCHIDA Atsuto
 1988.03.27 176cm 62kg 
鹿島アントラーズ  10 / 1

MF
 
中村 俊輔 NAKAMURA Shunsuke
 1978.06.24 178 cm 70 kg 
セルティック(スコットランド)  78 / 21
 
稲本 潤一 INAMOTO Junichi
 1979.09.18 181 cm 75 kg 
アイントラハト・フランクフルト(ドイツ) 68 / 4
 遠藤 保仁 ENDO Yasuhito
 1980.01.28 178 cm 75 kg 
ガンバ大阪 70 / 6
 
中村 憲剛 NAKAMURA Kengo
 1980.10.31 175 cm 67 kg 
川崎フロンターレ 26 / 2
 青木 剛 AOKI Takeshi
 1982.9.28 183 cm 75 kg 
鹿島アントラーズ  1 / 0
 今野 泰幸 KONNO Yasuyuki
 1983.01.25 178 cm 73 kg 
FC東京 24 / 0
 長谷部 誠 HASEBE Makoto
 1984.01.18 179 cm 72 kg 
VfLヴォルフスブルク(ドイツ) 12 / 0
 香川 真司 KAGAWA Shinji
 1989.03.17 172 cm 63 kg 
セレッソ大阪 3 / 0

FW
 
玉田 圭司 TAMADA Keiji
 1980.04.11 173 cm 67 kg 
名古屋グランパス 48 / 10
 
巻 誠一郎 MAKI Seiichiro
 1980.08.07 184 cm 81 kg 
ジェフユナイテッド千葉 33 / 8
 
佐藤 寿人 SATO Hisato
 1982.03.12 170 cm 68 kg 
サンフレッチェ広島  21 / 3
 
大久保 嘉人 OKUBO Yoshito
 1982.06.09 170 cm 73 kg 
ヴィッセル神戸  29 / 4
 岡崎 慎司 OKAZAKI Shinji
 1986.04.16 173 cm 70 kg 
清水エスパルス  0 / 0
 興梠 慎三 KOROKI Shinzo
 1986.7.31 175 cm 67 kg 
鹿島アントラーズ  0 / 0
 森島 康仁 MORISHIMA Yasuhito
 1987.9.18 186 cm 80 kg 
大分トリニータ  0 / 0

※ACL準決勝出場クラブ所属選手は、10月10日(金)合流


26名の招集はAFC Champions Leagueとの関係か。

怪我の田中達也はメンバーから外れたが、満身創痍ながらも名古屋戦でフル出場をした闘莉王は招集された。巻誠一郎も調子を落としているのだがやっぱり招集されている。そして、サイドの選手は相変わらず少ない。サンテティエンヌに移籍し、故障で戦列から離れている松井大輔もサスペンションのため呼ばれなかったためにサイドの弱さはさらに浮き上がってくる。

そういえば、今回からメンバー招集に当たって理由を説明するということだったが。岡田はどう言っているのだろう。

日本代表メンバー発表 岡田監督会見 (1/2)
キリンチャレンジカップ UAE戦、W杯・アジア最終予選 ウズベキスタン戦
(スポーツナビ)

――森重、森島、岡崎、興梠ら新しい選手をどういう目的で呼んだのか? 彼らをどう起用していくのか?

岡田 ウズベキスタン戦に勝つためのメンバーです。ただ今まで呼んだことがないので、実際に呼んでみて、例えば20名の中で1人、2人ちょっとイメージと違うなとなったときに(人数が少ないと)リスクが大きいので、多めに呼んでいます。この中からフェアにいいメンバーを選んでいくことになります。

新しいメンバーに関して、森島、興梠、岡崎は攻撃の選手ですが、それぞれ、森島はパワーといいますか、大きな体でそこそこスピードもあり高さもあります。それぞれ個性があり、興梠はスピードがあって、キレのあるドリブルがある。岡崎は、運動量、ボール際の頑張り。そういうそれぞれの個性を持った選手をこのチームでどういう形で融合できるかをぜひ試してみたい。

森重に関しては、以前から大枠のDFの(メンバーの)中に入れていましたが、今回は呼んでみようと。彼はDFでありながら、球出しのセンスがあって、ボール際もかなり戦えるんじゃないかと。ただ、ポジショニングは、大分が3バックなので呼んでみないと分からないなということがあります。しかし、いろいろ情報を集めた中では4バックでも十分対応する能力があると聞いています。


岡田は戦術に合った選手ということではなく、結果を出している選手ということで新しい選手を呼んだようだ。クラブにはそれぞれの戦術があり、その戦術があって結果が出ていることを理解していないらしい。

――UAE戦ではどういうところを試したいと思っているか?

岡田 だいぶ気候も涼しくなりましたし、もう少しアグレッシブな守備ができればなと考えています。

――攻撃面で新しくチャレンジすることは?

岡田 UAE戦でパワープレーやサインプレーをするつもりはないです。ただ進歩していく上で、攻撃の狙い目でもうちょっと的を絞りたいと思っています。試合前にそのポイントをしゃべる監督は世界中にいないと思うので具体的に話せませんが、みんなの共通意識をある一つのことにもう少し集中させてみようかと思っています。

――今回、巻選手、森島選手という高さのある選手を入れた理由は?

岡田 巻はバーレーン戦にもいたと思います。森島に関しては、高さがマイナスになることはないので。それ以外の能力が同じであれば、当然高い方が有利です。一つのストロングポイントでもあると思っています。森島を入れたのは高さだけではなくて、総合的に見て、まだ表現し切れていないですが、ポテンシャルを持っていると感じたので、ぜひチームの中で試したということで入れました。


結局のところ、詳しいことは言わないということか。ただ、U.A.E.戦ではやりたいことをやるつもりではあるらしい。ウズベキスタンのスカウティングは確実にあるけれども、それでも平気なのかな。

まあ、背水の陣と毎回言っていたのではという気もするのだけどね。

2 件のコメント:

SoccerKYO さんのコメント...

岡崎だけはかなり疑問です。
戦術に合う以前に能力も疑問。
気持ちが強いタイプでがむしゃらさがうりでしたが大舞台北京では、その気持ちすら見えませんでしたからね。

何故呼んだのか、もう少し深く聞きたいものです(呆)

にしても、サイドアタッカーを呼びませんね。A代表に呼ばないからウインガー、サイドアタッカーが育たないとさえ思っています。

ボランチの多くの選手がボランチ然とふるまわない規格外の動きで代表を活性化して欲しいですね。

森重についてはいいと思っているので呼ばれて良かったですが、五輪では4バックでやってたと言えばいいのにって感じです。無駄ない言い回しが、五輪組はダメという突っ込みを回避しているような話し振りで逆に疑問に思えてきます。協会に若手のDFも入れてよと言われたと言わんばかりの。

kiri220 さんのコメント...

>soccerkyoさんへ

岡崎はゴールに向かう気持ちは強かったですが、確かにスキルでは落ちますね。
ゴン中山のようにスキルはなくてもゴールを生んでくれるならいいのですが、それもなく。
たしかに聞いてみたいものですね。

サイドアタッカーを使う戦術が世界の潮流なのに、なぜ呼ばないのでしょうね。いいアタッカーがいても使われないとセンターで動かないプレーヤーになってという選手ばかりになっていますね。

たしかに岡田は失敗しても何も言われないような安全策を採っているように見えますね。
若手の抜擢には消極的です。
オシムが選んだメンバーにちょこちょこ付け加えているくらいですからね。
協会の意思が入っているのですかね。