2008年9月15日月曜日

ラ・シニョーラ、アマウリの執念のゴールで勝ち点3を獲得!!

Serie A Matchday 2 Juventus vs. Udinese @ Olimpico di Torino
Juventus:Amauri 67



フィオレンティーナとの開幕戦を一発のロングパスから同点にされて勝ち点3を取り損なったユベントス。ホーム開幕戦はぜひとも勝っておきたいところ。それでもミッドウィークにチャンピオンズリーグゼニト戦があるためか、デルピエロトレゼゲ、モリナーロを休ませるという布陣で臨んできた。

ブッフォンが散髪をして短髪になっていたのが好印象。やっぱりあの長髪は鬱陶しかったのかな。

ユベントスはビアンコネーロのファーストジャージ。システムは4-4-2。

Juventus (Serie A Matchday 2)
IaquintaAmauri
NedvedCamoranesi
PoulsenSissoko
De CeglieGrygera
ChielliniMellberg
 Buffon 


ウディネーゼは青一色のセカンドジャージ。システムは3-4-3。

Udinese (Serie A Matchday 2)
 Quagliarella 
Di NatalePepe
PasqualeMotta
D'agostinoInler
LukovicFerronetti
 Coda 
 Handanovic 


プリマテンポはユベントスがボールポゼッションで圧倒。3分にはボールカットからネドベド、ヤクインタとつないでゴールを決めるがフォリジョーコでノーゴール。

13分にはアマウリのポストプレーからヤクインタが強烈なシュートを放つがDFふたりがブロックに入ってGKハンダノビッチが掻き出す。15分にはカモラネージが左サイドから崩してのクロスにアマウリがヘッドをあわせるがこれはポストに嫌われる。こぼれ球をヤクインタが詰めるがこれも掻き出されてしまう。

29分にはグリゲラからカモラネージにつないでヤクインタのヘッドはわずかに右にそれた。

守備ではシソコとポウルセンがよく効いている。メルベリもジラルディーノに翻弄された借りを返すかのように頑張っているし。プレゼントパスをするような危ない場面もあったのだけど、ウディネーゼの攻撃はそれほどでもなく。

ただ、アマウリはそれほどよくないかな。ポストでボールはおさまらないし、セルフジャッジでファールと判断して動かないし。ヤクインタのシュートが目立つのだが、彼のように積極的でもいいのじゃないかな。

あとは左サイドのカモラネージと右サイドのネドベドがサイドに中央にと交互にアタックを繰り返して得点の匂いがよくしている。このアタックを何とか生かしたいね。

プリマテンポのアディショナルタイムは2分。ユーベはチャンスはあったけれども生かせなかった。

セコンダテンポに入ってもユーベペースは変わらない。54分には右サイドのデ・チェリエのスローインからパスを受けたポウルセンがミドルを打つがこれはクロスバーに嫌われる。

最初の交代はウディネーゼ。ディ・ナターレに代えてサンチェス。

その後も攻め続けたユーベ。66分に待望の先制点。カモラネージからのパスをヤクインタがポスト、シソコがエリア内で潰れてこぼれたところをアマウリが右足でゴール左隅に流しこんでレッテ。1-0とリード。ウノゼロ。

さらに70分には中場案でボールを持ったシソコがドリブルで上がって思いきったミドル。GKハンダノビッチがスーパーセーブで防いだが、強烈なシュートでウディネーゼを追いつめる。

ここでウディネーゼはさらに交代のカードを切る。モッタに代えてイスラ。

3枚目のカードもウディネーゼ。ペペに代えてフローロ・フローレス。

このあたりではイタリア語の放送でチャンピオンズリーグのことを話している。ゼニト、レアル・マドリーの名前が出ている。

ユーベはここで1枚目のカード。ヤクインタに代えてマルキオンニ。マルキオンニは怪我でずっと本領を発揮できなかったからね。なんとかアピールしたいところ。カモラネージとアマウリの変則2トップ。

もう1点ほしいところだけど、ユーベはゲームをクローズさせようとしている。ボールを落ち着かせてセーフティファーストに。守らせたら固いのだけど、ゼニト戦を意識してのことか。ウディネーゼはあれほどサイドアタックが効いているわけじゃない。

トレゼゲが出たそうにしているのだけどね。出してあげればいいのにって思っていたら、ラニエリは交代枠を使う。残り4分だけど。

ユーベの2枚目のカードはカモラネージに代えてデルピエロ。さらに3枚目、アマウリに代えてトレゼゲ。アマウリにはスタンディングオベーション。

87分にはユーベがロングボール1本で大ピンチに。メルベリのクリアミスにフローロ・フローレスが抜けだしGKブッフォンと1対1になったけれどもブッフォンが体で止めた。最後までキエッリーニがついていて満足なシュートは撃たしてないのだけどね。

セコンダテンポのアディショナルタイムは4分。ユーベは一方的に攻められるピンチ。なんとか凌いで92分はネドベドのボールカットからデルピエロにつないで深くえぐるがゴールラインを割ったという判定。

最後はブッフォンがデルピエロに向かって大きく蹴り出し、タイムアップ。

ユーベは攻撃面の決定力不足に悩みながらも勝ち点3を積み上げて3位タイグループに浮上。

よく頑張ったね。

2 件のコメント:

SoccerKYO さんのコメント...

CL。

ユーべはゼニトとですね~!!

ゼニトは要注目だけにしっかりチェックしなます。どっちを応援するかは伏せて起きます(笑)

まぁ、それよりもとりあえずは、セルティックですけどね~。

とにかく、オールボーだかアールボリに勝利しないと何も始まらないので、何とか勝って欲しいものです。それにしても、今週は忙しくなりますよねぇ。

kiri220 さんのコメント...

>soccerkyoさん

いきなりゼニトです。

クリスティアーノ・ロナウドがいなかったとはいえ、ユナイテッドを粉砕したサイドアタックは脅威ですね。

狂さんは、ゼニトでしょうから。
そのあたりはわかりますよ。
とにかくホームで負けないことだけを考えています。
幸い、モナコでスカウティングもできたみたいですからね。
なんとか生かしてほしいもので。

セルティックは予備戦1回戦から勝ち上がったクラブでしたっけ。
セルティックも厳しいグループですよね。
イエローサブマリンに気をつけないと。

今週は寝られない日が続くかもです。