2008年12月6日土曜日

名古屋はゴールレスもACL出場権は確保

J League Division 1 Matchday 34 Oita vs. Nagoya @ Kyushu Oil Dome

大分は青一色のファーストジャージ。システムは3-4-1-2。

Oita Trinita (J League Matchday 34)
UesleiTakamatsu
 Kanazaki 
SuzukiTakahashi
FujitaEdmilson
Hiroyuki KobayashiUemoto
 Morishige 
 Shimokawa 


名古屋は赤、黒、赤のファーストジャージ。システムは4-4-2。

Nagoya Grampus (J League Matchday 34)
TamadaJohnsen
MagnumOgawa
YoshimuraNaoshi Nakamura
AbeTakeuchi
MasukawaYoshida
 Nishimura 


前半。名古屋のキックオフ。

序盤、名古屋は左サイドからクロスが2本上がったが精度はなし。ここまで3分だが、濃密なスペースの潰しあいが行われている。スピードはないものの、レベルの高いゲーム。

5分、名古屋。審判への異議でマギヌンにイエローカード。

解説の原さんは細かなことでカードを出さなくても、ビッグマッチなのだから最初は注意だけすれば荒れないのにと扇谷さんに苦言。

8分、大分。ウェズレイのポストプレーから右サイドを抜けだした金崎からのクロス。高松の前で吉田がクリア。こぼれ球をウェズレイが叩くがGK西村がセーブ。

金崎のクロスで名古屋のゾーンが崩された。吉田と増川のギャップに高松が入り込み、クリアをフリーでウェズレイに叩かれた。それまで簡単に跳ね返していたものがここでミスがあったが、失点は免れた。

14分、名古屋。中村直志からのボールで右サイドを抜けだした玉田からのクロス。エリア外にこぼれたところを吉村がフリーでシュート。クロスバーに嫌われて跳ね返ったところを中村直志が叩くがゴール右に外れる。

吉村の右足のインサイドはきっちり押さえられていたがわずかにクロスバーに嫌われ、真下に落ちる。さらに中村直志が叩くがこれは枠をとらえられず。

22分、大分。スローインから右サイドを抜けだした金崎からのクロス。ニアで高松が戻りながらヘッドをあわせるがポストに嫌われる。

高松の完璧なヘッドだったが、ポスト直撃。GK西村は反応できず。

25分、大分。玉田を引っ張って倒した高松にイエローカード。

中盤の攻防だったが、高松は玉田を止めてしまいカード。

30分、大分。大分の攻撃を名古屋がクリアしたところを藤田が拾い、エリア内へのフィード。高橋が阿部を振り切ってゴール前でビッグチャンスになるが左足のシュートはゴール左に大きく外れる。

ゴール前に抜けだした高橋はGK西村がいないところに撃つだけという場面。増川がカバーに走ったのが目に入ったか、枠に飛ばすことができず。

アディショナルタイムは2分。

名古屋はピッチが固くスリッピーという条件でパスサッカーが上手くいかない。パスの精度が悪いのは開幕時から変わらないのだけどね。

47分、大分。上本にイエローカード。

小川へのファールだったか。確認はできなかった。

名古屋のFKのあとで前半終了。0-0で折り返し。

後半。大分のキックオフ。

46分、名古屋。吉村から右サイドの竹内へ。竹内の前へのパスを玉田がヒールで流し、中村直志がフリーで深くえぐってのクロス。ファーでヨンセンがヘッドで叩くが枠の上。

名古屋の攻めが落ち着いてきている。連動も生まれてきたし、サイドに動きがある。ストイコビッチの修正がうまくいっているのだろう。

49分、大分。森重にイエローカード。

扇谷さんがアシスタントレフェリーと話したあとに森重にイエローカード。なぜカードが出たかはわからず。

51分、大分。小川へのファールで藤田にイエローカード。

原さんは審判への異議ではないかというコメント。大分はカードが多くなってきた。

55分、名古屋。ゴール正面右やや遠目からのFK。小川が動かして玉田が狙うがゴール右に外れる。

動かして壁を避けてのシュート。増川が触ろうとするが届かず。

57分、名古屋。カウンター。吉村が持ちあがり、左サイドのスペースへ。マギヌンが追いついてのクロス。ヨンセンがヘッドであわせるがGK下川がビッグセーブ。

ヨンセンが完全にとらえたが下川が横っ飛びでセーブ。弾いたが大分が大きくクリア。

59分、名古屋。金崎へのファールで吉田にイエローカード

左サイドの突破を図ろうとした金崎をファールで止めた吉田にイエローカード。

60分、名古屋。阿部からの大きなサイドチェンジで右サイドでボールを受けたマギヌンがドリブル突破。エリア内で切り返し、シュートを撃つがGK下川がセーブ。

さらに名古屋はかさにかかって攻め立てるがシュートはことごとくブロックされる。

63分、大分。ウェズレイのCK。金崎に戻してこぼれたところをエジミウソンが強烈なシュート。GK西村がセーブ。

2本続けてのCK。2本目は変化をつけて金崎へ。こぼれたところをエジミウソンが狙うが西村が落ち着いてセーブ。

65分、名古屋。小川のシミュレーションでイエローカード。

上本のタックルに引っかかったように見えたが、扇谷さんはすぐ近くで見ていた。

66分、名古屋。中村直志に代えて山口を投入。

原さんの見解ではゲームメイクよりもこぼれ球を拾うことを優先したのではないかと。

69分、大分。審判への異議でウェズレイにイエローカード。

直前のプレーでエリア内で倒されたことへの異議。

70分、名古屋。吉村から左サイドのマギヌンにつないでのクロス。ヨンセンがヘッドで叩くが枠の上。

ヨンセンはヘッドを抑えられず。枠に飛ばせばわからないのだが。

72分、大分。エジミウソンからの浮き球を吉田と増川の間を突いた金崎へ。GK西村が飛び出してしっかりキャッチしてシュートを撃たせず。

金崎のトラップが少し大きくなったところをGK西村が飛び出してキャッチ。

77分、名古屋。玉田からのボールを左サイドで受けた小川がフリーでシュートを撃つが大きく枠の上。

トラップまでは完璧。エリア内で受けたときには決定的チャンスだったが枠に飛ばせず。

78分、大分。ウェズレイがドリブルで強引に突破。エジミウソンから高松に渡ってシュートを撃つが力なし。

ゴール前からウェズレイがドリブルで突破。こぼれたところをつなぐが最後は高松のシュートは弱かった。

80分、名古屋。増川のヘッドに追いついてヨンセンからのこぼれ球を小川が右サイドから切れ込みシュート。GK下川のビッグセーブ。

小川が切れ込んでのシュートは強烈だったがGK下川の壁は破れず。

81分、大分。高松に代えて森島を投入。

森島はシャムスカのファーストチョイスということ。

82分、名古屋。竹内に代えて巻を投入。

小川がライトバックの位置に。巻を前線に。

85分、名古屋。玉田に代えて杉本を投入。

最後は快足FW杉本に賭けるか。ドリブル突破もある。

88分、大分。金崎に代えて山崎を投入。

名古屋のバイタルエリアを掻き回した金崎がアウト。シャムスカは勝ち点1でいいというメッセージか。

アディショナルタイムは5分。

93分、大分。鈴木に代えて家長を投入。

94分、大分。ウェズレイがボールを取り返して家長のクロス。阿部のクリアを高橋がバイシクルで叩くが名古屋のDFがブロック。

大分の怒濤の攻め。ウェズレイが献身的な守備でボールを取り返してチャンスを作った。

94分、大分。ウェズレイのCK。藤田がシュートを撃つがGK西村がビッグセーブ。

藤田のシュートは強烈だったが西村がセーブ。CKに。

名古屋のカウンターをエジミウソンが止めたところでタイムアップ。0-0のゴールレスで試合終了。

優勝は札幌を0-1で下した鹿島。2位は東京Vを0-2で下した川崎。3位は大分と引き分けた名古屋。この3チームが来季のAFC Champions Leagueの出場権を手にした。

4位は大分で天皇杯の結果次第では大分にもAFC Champions League出場のチャンスが残されることになった。

残留争いはFC東京相手に残り16分から大逆転をして4-2で破った千葉が15位にジャンプアップして残留確定。川崎に0-2で敗れた東京Vが17位で自動降格。大宮に0-1で敗れた磐田が入れ替え戦に回ることになった。

2 件のコメント:

どらぐら さんのコメント...

大分の壁が厚かったですね。
それでも失点は許さず、ナビスコ杯の二の舞だけは避けられました。
そしてACLの出場権もゲット!
リーグ戦との二束の草鞋となるので、
さらなる補強が必須となりますね。

まだ天皇杯も残っているので、こちらのタイトル獲得に向けて頑張って欲しいです!!

kiri220 さんのコメント...

>どらぐらさん

大分の守りは固かったですね。
どちらもバー、ポスト直撃のシュートがあり、決まっていればというシーンもありましたが、ACLの出場権だけは守り抜きましたね。

名古屋が天皇杯をとってしまうと大分もACLに出てしまうのですけど。

ふたつのコンペティションを掛け持ちするのに7人も戦力外通知を出して大丈夫かなって思いますね。
米山、三木は貴重なバックアッパー、ヨンセンはレギュラーとして必要なのではないかと。