2008年8月23日土曜日

野球は4位!! 日本メディアの報道はやはり貧弱!!

NHKフジテレビが同時に同じ試合をライブ放送するというちぐはぐさで、サッカー男子決勝のナイジェリア vs. アルゼンチンは録画放送になってしまった。

北京五輪の放送はほとんどが日本人中心。レベルが高い外国の他の競技を見たいと思っても、放送されなかったり、深夜だったりとあまりにも冷たい対応。

放送体系が恵まれていてヨーロッパや南米のゲームが多く放送されるサッカーや、NBAが放送されるバスケットボール、MLBが放送される野球はともかく、レスリングや射撃、フェンシングと言ったオリンピック競技が世界最高峰に近い競技の関係者たちは現地に行かなければ世界のレベルがわからないという放送になっていた。

日本のテレビ局は日本が出ない競技は誰も見ないとでも思っているのだろうか。というよりも同じ時間帯に違うテレビ局で同じ放送をする必要が本当にあったのだろうか。

U.S. Wins Bronze in Baseball(New York Times)

星野ジャパン、米にも完敗…「最強メンバー」メダルなし(読売新聞)

そこまでして放送した野球だったけれども、日本はアメリカに逆転負け。金メダルしかいらないと煽り続けたあげくに4位という結果に終わった。

そのあと、NHKはすぐにサッカー決勝、そしてハンドボール女子の決勝に。そして、野球の感情的な応援よりもこちらの放送のほうがわかりやすい。

新聞報道もNew York Timesがていねいに紙面を多く割いて書いているのに対し、読売新聞はベタ記事扱い。

星野ジャパン、銅メダル逃す 米に4―8(朝日新聞)

夏の高校野球を主催する朝日新聞は写真こそたくさん使っているものの、記事は遙かに短い。

新聞記者がショックを受けているのかもしれないが、プロなのだからちゃんと事実を伝えないと。いや、事実を伝えなくてもいいように二局で放送したのか。

なぜサッカーが放送されないのかと思っていろいろザッピングはしていたのだが。

それでも決勝トーナメントに残ったキューバ、韓国、アメリカ相手に0勝5敗。本当に言い訳できない状況だと思うのだけど。そのことについて反省が行われるのか。来年はWBCが行われるというのに。サッカーのように総括は行われないのだろうなあ。

それにしても第2回ワールドベースボールクラシックもアメリカメインで行われるのだね。

Venues

First Round (March 5-March 12)
Pool A: Tokyo Dome, Tokyo, Japan (cap. 42,000)
Pool B: Foro Sol Stadium, Mexico City, Mexico (cap. 27,940)
Pool C: Rogers Centre, Toronto, Canada (cap. 49,539)
Pool D: Hiram Bithorn Stadium, San Juan, Puerto Rico (cap. 18,000)

Second Round (March 14-March 19)
Pool 1: PETCO Park, San Diego, California (cap. 42,685)
Pool 2: Dolphin Stadium, Miami, Florida (cap. 38,560)

Semifinals and Final (March 21-March 23)
Dodger Stadium, Los Angeles, California (cap. 56,000)


これだけ他の参加国に負担をかけるというのも野球が普及していないからか。除外されるのも無理はないね。

4 件のコメント:

どらぐら さんのコメント...

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

私は愛知県在住なのですが、テレビ東京系列では、
サッカー決勝が生中継されていたようですね。
ただ、テレ東系列のチャンネルのない地域では、
(地上波では)見ることができなかったものと思われます。


野球は見るも無残な結果となりましたね。
果たして来年のWBCまでに立て直しができるのでしょうか。

yoshi さんのコメント...

野球の3位決定戦、見てました。
といっても、13:00からはナイジェリア-アルゼンチン戦をテレビ東京で流してたので、
2画面分割という感じでしたが。

わたしもアメリカの新聞サイトを見てるんですが、
彼らの記事はなかなか詳細です。
今回はアメリカ人はほとんど野球に興味がないはずなのに、
それでも、五輪における野球の現状や、
アメリカの人選などについて報道しています。

そういう点で日本は異常ですね。。。
日テレの情報番組「ザ・サンデー」では
まるまる星野ジャパンはスルーだったそうです。
メディアってのは「報道しない」という最悪のカードを切ってまで、
もはやドル箱でもない野球を守りたいんですね。
既得権益を通り越して、これは惰性に近いモノを感じますし、
野球というものがスポーツとして継続していくために必要な批判までも封殺しているので、
野球がダメになるとしたら、やはりメディアのせいじゃないか、と思います。

やっぱり、サッカーを地道に育てていくのがいいと思いましたよ、今回の件で。
もちろん、野球ファンの気持ちもわかるんですが、
でも、他の競技のためにも野球は解体に向かわせるべきです。

kiri220 さんのコメント...

>どらぐらさん

初めまして。
いつも読んでいただきありがとうございます。
いつでも歓迎いたしますから、また遊びに来てください。

テレビ東京系でサッカー決勝がライブ放送されていたのですね。
うちはチャンネルがない地域なので、すっかりその存在を忘れていました(苦笑)
川崎に住んでいたときはあれほどお世話になったのに。

野球は難しいかもしれませんね。
星野さんの言葉がすべて言い訳に見えて。
審判のストライクゾーンのことを言っても仕方がないのですけどね。

kiri220 さんのコメント...

>yoshiさん

やはりテレビ東京というコンテンツは必要ですね。
田舎はスカパー!以外でサッカーの放送はほとんどないから。

ずっとヨーロッパの新聞を読んでいて、日本ほど自国選手ばかりに紙面を割いているわけではないなというところから、強欲資本主義の典型のアメリカに行ってみても新聞はまともな記事を書いているということに驚いたのですよね。
都合が悪い記事でもちゃんと書いているというのはジャーナリズムの正しい姿なのではないかと。
英語もその他の言語も日本語ほど堪能ではないから、全部を読んでというわけにもいかないのですが、それでも日本よりはましに見えるというか。

そういえば、ソフトボールの金メダルはまるで自分たちがメダルを獲ったように大騒ぎでしたが、野球はほとんど報道がないですね。
あれはびっくりです。
巨人が強くなればという言い訳も通用しなくなり、そして五輪でも負けということを繰り返して、メディアはまるで自分たちが失恋でもしたかのようにそのことに触れたがらなくなりましたね。
そういうことでダメになっていくのだと思います。

サッカーも協会内部がぼろぼろになっているみたいなのですけど。。。