2008年7月29日火曜日

International Friendlymatch U-23 Japan vs. U-23 Argentina 29th July 2008

International Friendlymatch U-23 Japan vs. U-23 Argentina @ National Olympic Stadium

入場前のアナウンスがプロレスみたい。これはテレビ朝日のアナウンサーなのか。

両国国旗、フェアプレー旗に続いて両国選手の入場。アルゼンチン国歌「Himno Nacional Argentino」、前田亘輝さんによる日本国歌「君が代」の独唱。

日本は青、白、青のファーストジャージ。

U-23 Japan (International Friendlymatch U-23 Japan vs. U-23 Argentina)
 Toyoda 
 Taniguchi 
KagawaKeisuke Honda
Takuya HondaKajiyama
YasudaUchida
MorishigeMizumoto
 Nishikawa 


アルゼンチンはセレステ・イ・ブランコのファーストジャージ。

U-23 Argentina (International Friendlymatch U-23 Japan vs. U-23 Argentina)
AgueroLavezzi
 Riquelme 
Di MariaGago
 Mascherano 
MonzonZabaleta
GarayPareja
 Ustari 

アルゼンチンのキックオフで前半開始。

5分、アルゼンチン。ゴール正面左遠目からのFK。リケルメがふわりと合わせてきたボールはワンバウンドでわずかにゴール右を抜けていく。

合わせてきたボールだったが誰にもあわず、直接狙った感じに。GK西川の反応が遅れて、そのまま入りそうになる

6分、アルゼンチン。中央を持ちあがったラベッシからリケルメ、ディ・マリアとつないで左サイドからクロス。アグエロはわずかに合わず。

細かなパスワークからリケルメが決定的なパスをディ・マリアに出してクロス。ゴール前を水平に横切ったボールは合わず。

8分、アルゼンチン。内田の突破をファールで止めたディ・マリアにイエローカード。

9分、日本。右サイド高い位置からのFK。本田圭佑が左足で真ん中に入れ、競ってこぼれたところを森重が右足で押し込もうとするがGKウスタリがセーブ。

本田圭佑のFK。森重と谷口が競って、こぼれたところを森重がアウトサイドで押し込もうとするが、GKウスタリに止められる。

21分、アルゼンチン。ガゴから前線のディ・マリアにパスが出るが内田がファールぎりぎりで止めて事なきをえる。

内田がうまく体を入れた。あそこでファールをとるジャッジもあるからね。気をつけなければ。それでも内田はいいディフェンス。

29分、アルゼンチン。左サイドエリア角付近からのFK。リケルメがファーサイドに飛びこんできたラベッシに合わせてくるがヘッドはわずかにあわず。

リケルメのキックは狙ったコースは絶妙だったが、わずかに高かった。

36分、アルゼンチン。内田の突破をファールで止めたマスチェラーノにイエローカード。

37分、日本。右サイドエリア角付近からのFK。本田圭佑が左足で合わせてくるが谷口は触れず。ボールもわずかにゴール左に外れていく。

精度の高いキックがゴール前に。GKウスタリも出られず。谷口が詰めるが触れず。ボールはそのままゴール左に決まるかと思われたが、回転は真っ直ぐでゴール方向へは向かわなかった。

42分、アルゼンチン。ゴール正面右からのFK。リケルメがサバレタに預けたボールをゴール前にあげてくるがGK西川がパンチングでクリア。

リケルメは精度の高いFKを何種類も持っている。ゴール前にあげてくるだけでチャンスになるから不思議だ。

追加タイムは1分。

ゲームはこのまま前半終了。0-0で折り返し。

アルゼンチンのポゼッションが高かったとはいえ、日本にも決定的なチャンスはあった。守備の詰めも早い。ゲームとしては耐える日本というかたちではなく、おもしろい。

それにしても

40年ぶりのメダルへ!
優勝候補アルゼンチンと激突


というコピー。今、この試合にメダルがかかっているような感覚を持たせるものだね。そこまでして煽りたいのか、テレビ朝日。薄バカぶりが透けてみえるぞ。本当に。


日本のキックオフで後半開始。

48分、日本。左サイドで安田と本田圭佑のパス交換からスペースに抜けだした安田のクロス。谷口が飛びこむがジャストミートせず。

安田の突破からのクロスは一度跳ね返されたものの、拾って本田圭佑とのパス交換からスペースに抜けだしてのクロス。谷口はニアで飛びこむが枠には飛ばず。

49分、アルゼンチン。左サイドからアグエロがドリブル突破。クロスにディ・マリアがシュートを合わせるがDFがブロック。

左サイドからのアグエロのドリブル突破を日本は止められず。シュートコースを防ぎながら、ディ・マリアもケアしてディ・マリアのシュートをブロック。

52分、日本。安田のロングフィードを豊田が落とし、谷口がさらに香川に戻してのミドル。わずかにゴール左に外れる。

長いパスをきっちり高さで競り勝って落とし、谷口もフリーの香川へ柔らかくパス。香川のミドルは威力十分だったが、わずかにゴール左に外れた。

54分、日本。ガゴへのファールで本田圭佑にイエローカード。

56分、アルゼンチン。ゴール正面のFK。リケルメが右足で直接狙うが壁に当たってCKに。

日本はさらに2本のCKを凌ぎきる。

58分、日本。香川のドリブル突破から本田圭佑にスイッチしてのミドル。わずかにクロスバーに嫌われる。

日本のショートカウンター。日本は絶好機を迎えるが本田圭佑のシュートはクロスバーに嫌われた。

60分、日本。左サイド遠目からのFK。香川が入れたボールは谷口、本田圭佑と潰れ、梶山がボレーで狙うがブロックされる。

セットプレーで日本はチャンスを作っている。わずかな隙でもあればゴールが生まれそう。

63分、日本。右サイドから内田が突破してクロス。ニアに豊田が飛びこむがGKウスタリがセーブ。

右サイドは日本のストロングポイント。内田は突破でかなりチャンスを作っている。

64分、日本。豊田に代えて森本を投入。

国立は雷と豪雨。テレビの画面を通してもわかるほどの雨粒。

67分、日本。右サイド高い位置からのFK。本田圭佑が左足で入れたボールは跳ね返される。

本田圭佑のボールは精度は高かったがもっとゴール寄りでもよかった。跳ね返せるボールでは。

68分、アルゼンチン先制。カウンター。中盤でボールを持ったアグエロから前線のディ・マリアにパス。ディ・マリアが切り返して右足でゴール右隅に押し込んでゴール。0-1。

カウンターのボールを受けたアグエロがキープ。前線に走り込んだディ・マリアにパス。ディ・マリアはフェイントで切り返してコースをあけて、右足インサイドで押し込んでゴール。

71分、アルゼンチン。ラベッシのキープから左サイドのアグエロへ。アグエロがドリブルで切れ込みシュートを撃つがGK西川がキャッチ。

アグエロのドリブル突破は止められない。疲れてきたところにドリブルで勝負されると厳しい。

72分、アルゼンチン。ディ・マリアに代えてソサを投入。

76分、日本。本田圭佑に代えて岡崎、安田に代えて長友を投入。

78分、アルゼンチン。ラベッシに代えてアコスタを投入。

画面で選手が確認できないほど雨が強くなってきた。

83分に激しい雷雨のためにひとまず中断。リケルメが肩をすくめながらマッチコミッショナーと交渉している。やれるだろうって言っているのか、それとももうやめようと言っているのかは不明。

雷雨のため、試合はこのまま終了。電車も止まっているということからの配慮かもしれない。公式戦ではないからね。

ゲームは0-1でアルゼンチンの勝利。

惜敗ではあったけれども、決めなければならないところできちんと決めなかったことが響いたかたちになった。この部分はきちんと修正しておかなければならない。

2 件のコメント:

King-Y さんのコメント...

 楽天のKing-Yです。お久しぶりです。私、アメブロにもブログを持っており、そこでは他のブログをお気に入りに追加すれば、最新更新情報が分かるので、そこに登録しました。また時々寄らせてもらいますね!

 良い時間帯の時にカウンターであっさりやられたのは少々痛かったです。やはりアルゼンチンですね。セルジオさんも言っていましたが、格上とやる時の本番も見据え、勝てないまでも、ドローで終わる試合を見せてほしかったです。

kiri220 さんのコメント...

>king-yさん

お久しぶりです。
広告がないところと探していたらGoogleになってしまいました。
ちょっとコメントを書くのが面倒にはなっていますが、また遊びに来てください。

アルゼンチンは試合巧者でしたね。
決定機はお互いにあったのですが、そのチャンスを生かせるかどうかで強豪かそうではないかが決まるような気がします。
ドローに持ちこむゲームを作る経験をしっかり積んでほしいものですね。