2010年1月10日日曜日

岡崎は国際試合限定の世界の得点王に!!



The World's Top Goal Scorer 2009(IFFHS)

1. Shinij Okazaki (Shimizu FC S-Pulse / Japan) 15 (15/0)
2. Didier Drogba (Chelsea FC London / Côte-d'Ivoire) 15 (8/7)
3. Abdelmalek Ziaya (Entente Sportive de Sétif / Algérie) 15 (0/15)
4. David Villa (Valencia CF / España) 14 (11/3)
5. Carlos Alberto Pavón (Real CD España San Pedro Sula / Honduras) 14 (9/5)
6. Luís Fabiano Clemente (Sevilla FC / Brasil) 13 (11/2)
7. Mrisho Alfani Ngassa (Young Africans Dar-es-Salaam / Tanzania) 13 (8/5)
8. Alan Kaluyituka Diyoko (TP Mazembe Lubumbashi / Congo DR) 13 (5/8)
9. Edin Džeko (VfL Wolfsburg / Bosne i Hercegovine) 12 (8/4)
10. Milan Baroš (Galatasaray SK İstanbul / Česká Republika) 12 (6/6)
Bryan Omony (Kampala City Concil FC / Uganda) 12 (6/6)
12. Claudio Pizarro (SV Werder Bremen / Perú) 12 (0/12)
13. Firas Al-Khatib (Al-Arabi Kuwait-City / Syria) 11 (6/5)
Alberto Gilardino (AC Firenze / Italia) 11 (6/5)
15. Alexander Frei (BV Borussia Dortmund / FC Basel / Schweiz) 11 (3/8)
Lionel Andrés Messi (FC Barcelona / Argentina) 11 (3/8)
17. Cristiano Ronaldo dos Dantos Aveiro (Manchester United FC / Real Madrid CF / Portugal) 11 (1/10)
18. Francesco Totti (AS Roma / Italia) 11 (0/11)
19. Nassir Ali Al-Shamrani (Al-Shabab FC Riyadh / Saudi Arabia) 10 (4/6)
20. Luis Suárez (AFC Ajax Amsterdam / Uruguay) 10 (3/7)
21. Fernando Llorente (Athletic Club Bilbao / España) 10 (2/8)
Prince Tagoe (Al-Ittifaq Damman / Ghana) 10 (2/8)
23. Nikica Jelavić (SK Rapid Wien / Hrvatska) 10 (1/9)
24. Claudio Daniel Bieler (Liga Deportiva Universitario de Quito / Argentina) 10 (0/10)
Leandro Montera da Silva (Gamba Osaka / Brasil) 10 (0/10)
26. Mohammed Al-Zino (Al-Majd Damascus / Syria) 9 (6/3)
Frank Lampard (Chelsea FC London / England) 9 (6/3)
28. Samuel Eto'o Fils (FC Barcelona / FC Internazionale Milano / Cameroun) 9 (5/4)
29. Mirlan Murzaev (Dordoi-Dynamo Naryn / Kyrgyzstan) 9 (4/5)
30. Giuseppe Rossi (Villarreal CF / Italia) 9 (3/6)
31. Jehad Al-Hussin Fadel (Al-Kuwait SC Kaifan / Syria) 9 (1/8)
Ahmed Abdel Raouf (ENPPI Cairo / Egypt) 9 (1/8)
33. Mauro Boselli (Club Estudiantes de La Plata / Argentina) 9 (0/9)
Ulises Mendivil (Pachuca CF / México) 9 (0/9)
Dame N'Doye (FC København / Sénégal) 9 (0/9)
36. Carlo Costly (GKS Belchatow Katowice / Birmingham City FC / Honduras) 8 (8/0)
Theofanis Gekas (TSV Bayer Leverkusen / Hellas) 8 (8/0)
Goran Pandev (SS Lazio Roma / Macedonia) 8 (8/0)
Hassan Rabia Al-Housni (Al-Suwaiq Club Batna / Al Nasr Riyadh / Oman) 8 (8/0)
Álvaro Saborío (FC Sion / Costa Rica) 8 (8/0)
41. Ali Ashfaq (VB Sports Club Malé / Maldives) 8 (7/1)
Nilmar Honorato da Silva (Villarreal CF / Brasil) 8 (7/1)
43. Lukas Podolski (FC Bayern München / 1. FC Köln / Deutschland) 8 (6/2)
44. Matthew Amoah (NAC Breda / Ghana) 8 (5/3)
45. Martín Palermo (CA Boca Juniors Buenos Aires / Argentina) 8 (3/5)
46. Markus Berg (Hamburger SV / Sverige) 8 (2/6)
47. Lisandro López (FC do Porto / Olympique Lyonnaise / Argentina) 8 (1/7)
Édison Vicente Méndez (Liga Deportiva Universitario de Quito / Ecuador) 8 (1/7)
Ivica Olić (Hamburger SV / FC Bayern München / Hrvatska) 8 (1/7)
50. Luiz Adriano de Souza da Silva (FC Shakhtyor Donetsk / Brasil) 8 (0/8)
Robert Akaruye (Busaiteen Club / Nigeria) 8 (0/8)
Mohammad Hayan Al-Hamawi (Al-Karama Homs / Syria) 8 (0/8)
Hyunh Kesley Alves (Becamex Binh Duong / Vietnam) 8 (0/8)
Orlando Edmundo Rodríguez (CD Árabe Unido Cólon / Panamá) 8 (0/8)
55. Lin Gao (Shanghai Shenhua / China) 7 (7/0)
Ismael Abdul Latif (Al-Riffa West Riffa / Bahrain) 7 (7/0)
Blas Antonio Miguel Pérez (Pachuca CF / Al-Wasl SC Dubai / Panamá) 7 (7/0)
William Osael Romero (CD Vista Hermosa / El Salvador) 7 (7/0)
59. Mohamed Aboutreika (Al-Ahly Cairo / Egypt) 7 (6/1)
Elyaniv Barda (Racing Club Genk / Israel) 7 (6/1)
Aleksandar Duric (Singapore Armed Forces FC / Singapore) 7 (6/1)
Wayne Rooney (Manchester United FC / England) 7 (6/1)
63. Siu-Ki Chan (South China AA / Hong Kong) 7 (5/2)
Eduardo Da Silva (Arsenal FC London / Hrvatska) 7 (5/2)
Mario Gómez (VfB Stuttgart / FC Bayern München / Deutschland) 7 (5/2)
Fernando Torres (Liverpool FC / España) 7 (5/2)
67. Francesc Fabregas (Arsenal FC London / España) 7 (4/3)
André-Pierre Gignac (FC de Toulouse / France) 7 (4/3)
Daniel Gonzalez Güiza (Fenerbahçe SK İstanbul / España) 7 (4/3)
70. Thierry Henry (FC Barcelona / France) 7 (3/4)
Walter Julián Martínez (CD Marathon San Pedro Sula / Honduras) 7 (3/4)
72. Serge Lofo Bongeli (AS Vita Club / Congo DR) 7 (2/5)
Flávio da Silva Amado (Al-Ahly Cairo / Angola) 7 (2/5)
Vladimir Dvalishvili (Maccabi Haifa FC / Georgia) 7 (2/5)
Gervais Yao Kouassi »Gervinho« (Lille Olympique SC / Côte-d'Ivoire) 7 (2/5)
76. Harry Kewell (Galatasaray SK İstanbul / Australia) 7 (1/6)
Trésor Mputu Mabi (TP Mazembe Lubumbashi / Congo DR) 7 (1/6)
78. Bakary »Bako« Coulibaly (Stade Malien de Bamako / Mali) 7 (0/7)
Endurance Idahor (Al-Merreikh Omdurman / Nigeria) 7 (0/7)
Carlos Eduardo Ferrari »Cacá« (South China AA / Brasil) 7 (0/7)
Rúben Micael Freitas da Ressureição (CD Nacional da Madeira Funchal / Portugal) 7 (0/7)
Victor Namo (Kano Pillars FC / Nigeria) 7 (0/7)
Shabani Nonda (Galatasaray SK İstanbul / Congo DR) 7 (0/7)
Jorge Martín Núñez (Nacional FBC Asunción / Paraguay) 7 (0/7)
Rodrigo Teixeira Pereira (Deportivo Cuena / Brasil) 7 (0/7)


IFFHS、2009年の世界得点王に日本代表FW岡崎を選出(スポーツナビ)

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は9日、2009年の世界得点ランキングを発表し、清水エスパルスの日本代表FW岡崎慎司が得点王の座に輝いた。

同ランキングは、A代表の公式戦、五輪代表の最終予選、クラブチームの国際大会における合計ゴール数により算出され、ゴール数が並んだ場合はA代表での得点が多い選手が上位となる。

岡崎は、チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ、アルイテハドのアルジェリア代表FWアブデルマレク・ジアヤの2選手と15ゴールで並んだものの、フル代表での得点で上回ったため1位に選ばれた。

また、2008年の6位に続き今回4位に入ったバレンシアのスペイン代表FWダビド・ビジャが、2年連続でベスト10入りした唯一の選手となった。

同ランキングの上位10選手は以下の通り(左カッコ内は所属クラブ/国籍、数字はゴール数、右カッコ内はA代表の公式戦でのゴール数/所属クラブの国際大会でのゴール数)

1位:岡崎慎司(清水エスパルス/日本) 15(15/0)
2位:ディディエ・ドログバ(チェルシー/コートジボワール) 15(8/7)
3位:アブデルマレク・ジアヤ(アルイテハド/アルジェリア) 15(0/15)
4位:ダビド・ビジャ(バレンシア/スペイン) 14(11/3)
5位:カルロス・パボン(レアルCDエスパーニャ/ホンジュラス) 14(9/5)
6位:ルイス・ファビアーノ(セビージャ/ブラジル) 13(11/2)
7位:ムリソ・ヌガッサ(ヤング・アフリカンズFC/タンザニア) 13(8/5)
8位:アラン・ディヨコ(マゼンベ/コンゴ民主共和国) 13(5/8)
9位:エディン・ジェコ(ボルフスブルク/ボスニア・ヘルツェゴビナ) 12(8/4)
10位:ミラン・バロシュ(ガラタサライ/チェコ) 12(6/6)
    ブライアン・オモニー(スーパースポート・ユナイテッド/ウガンダ) 12(6/6)


IFFHSの統計はよくわからないのだけれども、この国際試合だけのゴールランキングを競うランキングはわかりやすい。A代表の試合、五輪代表の最終予選、クラブチームの国際大会のゴールのみで計算されるものだし、リーグのレベルによって係数が付くという厄介なこともない。そして国内リーグは選考に入っていない。

そのなかで岡崎がA代表の試合だけで15得点を稼いでトップとなった。クラブチームの国際大会だけで15得点を稼いだアル・イテハドのジアヤもすごいとは思うが。

まあ、相手に恵まれたということもある。ベストメンバーではない相手だったり、アジアの格下の相手だったりとね。ジアヤもACLだけで稼いだ得点だし。

この動画ではフィンランド人らしい書きこみがすべてネガティブだったりするし。岡崎のことよりもGK都築がフィンランド戦でゴールを破られたきにヘッドとグラブの高さが一緒とか、キャッチングできないことに笑ったとか。そういうことを書かれるとね。

4 件のコメント:

どらぐら さんのコメント...

こんなランキングもあるんですね。
名だたるストライカーを抑えて、岡崎がトップだったとは。
アジアカップ予選の香港戦でPKを蹴らせておいて良かったですね(笑)

こういうランキングだと、有名な選手から初めてその名を聞いたような選手まで、いろいろいますね。
タンザニアとかウガンダの選手までいますし。
きっと世界のほとんどの人間も「岡崎って誰だ」という感想なのでしょうが、W杯で結果を残せば、名実共にアジアを代表するストライカーですね。

kiri220 さんのコメント...

>どらぐらさん

毎年やっているランキングらしいです。
香港戦で代表年間ゴールのタイか新かという記録だと言っていましたが。

世界一ゴールを決めている選手はイランのダエイだし、岡崎もアジアレベルならゴールを奪い続けるでしょうね。

本戦で活躍すればヨーロッパへの道も開けるでしょうし、そうなれば彼はヨーロッパでは通用しないということも言われないのではないですかね。

S-Kyo さんのコメント...

面白いランキングですね♪

ネタをチェックしてるのが素晴らしいです。

それにしても、岡崎がトップというのがまたなんとも面白いなと(笑)

世界一だなんて・・・

個人的には微妙な印象でもありつつ^^;

kiri220 さんのコメント...

>S-Kyoさん

このサイトはずっとセビージャが世界一だったり、突然バルセロナに変わったり、監督のランキングがあったりと面白いのですよ。

ジーコも日本代表監督のときにベスト10に入っていましたし。

岡崎も代表でゴールは奪いましたからね。
15点は単純にすごいなあとは思いますが、W杯も含めてだったらよかったのにとか。

フィンランドからの書きこみはネガティブでかなり面白いです。