2010年5月24日月曜日

日本はパスサッカーを封じられ、韓国に完敗!!

International Friendly Match Kirin Challenge Cup 2010 Japan 0-2 Korea Republic @ Saitama Stadium 2002
Korea Republic:Park Ji-Sung 6,Park Chu-Young 90+1

Japan 23/20 draw 9/4 South Korea 12/5(William Hill)

両国国旗、フェアプレー旗に続き、FIFA Anthemにのって両国選手の入場。韓国国歌「愛国歌」の独唱、日本国歌「君が代」の独唱。

日本はブルーサムライのファーストジャージ。システムは4-2-3-1。



ベンチメンバーはGK川島、GK川口、岩政、駒野、山村、酒井、中村憲剛、香川、矢野、森本、永井。

韓国は赤、白、赤のファーストジャージ。システムは4-4-2。



ベンチメンバーはGKイ・ウンジェ、GKキム・ヨングァン、キム・ドンジン、チョ・ヨンヒョン、キム・ヒョンイル、オ・ボムソク、キム・ナミル、シン・ヒョンミン、ク・ジャチョル、アン・ジョンファン、キム・ボギョン、パク・チュヨン、イ・スンリョル。

前半。日本のキックオフ。

3分、日本。左サイド高い位置からのFK。遠藤が放り込んだボールにファーサイドで中澤があわせるがジャストミートできず。

中澤のヘッドは上手くあたらずゴール右に外れる。

5分、韓国先制。キム・ジョンウが競り合ってこぼれたボールをパク・チソンが拾い、そのままドリブル突破。右足のシュートがGK楢崎を破りゴール。0-1。

遠藤のクリアをキム・ジョンウが上手くこぼし、パク・チソンが拾ってそのまま持ちこんで先制。

6分、日本。ゴール前でボールを受けた岡崎がミドルを撃つがゴール左に外れる。

岡崎はCKをアピールするが認められず。

11分、日本。左サイド高い位置からのFK。遠藤が直接狙い、リフレクトを長友が狙うが大きく枠の上。

遠藤のFKは壁直撃。跳ね返りを長友が狙うが枠をとらえられず。

13分、韓国。キ・ソンヨンのCK。ファーでキム・ジョンウがヘッドをあわせるがわずかにゴール左に外れる。

キ・ソンヨンからのCK。キム・ジョンウがファーでヘッドをあわせるが枠をとらえられず。

20分、日本。韓国のミスパスを奪った今野が大久保につなぎ、左サイドをドリブル突破。そのまま中に切れ込んでシュートを撃つがゴール右に外れる。

今野のパスカットから大久保につなぎドリブル突破。シュートまで持ちこむが枠をとらえられず。

32分、日本。大久保からのパスを右サイドで受けた本田圭佑が中に切れ込んでシュートを撃つがゴール右に外れる。

本田圭佑が右サイドからカットインしてシュートを撃つが韓国DFに当たってCKに。

35分、韓国。ゴール正面やや左からのFK。キ・ソンヨンが直接狙うが大きく枠の上。

キ・ソンヨンのFKはクロスバーの上を越えていく。

37分、韓国。岡崎へのファールでイ・チョンヨンにイエローカード。

岡崎への後ろからのタックルでイ・チョンヨンにイエロー。

40分、日本。右サイドエリア角付近からのFK。中村俊輔が放り込んだボール。こぼれたところを本田圭佑が狙うがGKチョン・ソンリョンがセーブ。

中村俊輔のFKがエリア内でこぼれたところ、本田圭佑が狙うが弱く、チョン・ソンリョンが難なくキャッチ。

アディショナルタイムは1分。

このまま前半は終了。0-1と韓国リードで折り返し。

45分、韓国。ヨム・ギフンに代えてパク・チュヨン、イ・グノに代えてキム・ナミルを投入。

ヨム・ギフンはポストプレーで効果的なプレー、イ・グノは積極的なプレーが目立った。

後半。韓国のキックオフ。

58分、日本。今野からのパスを受けた大久保が左サイドを上がりながらループでゴールを狙うが大きく枠の上。

中村俊輔、今野と右に振って大久保へのパス。大久保があがりながらループで狙うが枠をとらえられず。

59分、日本。中澤のロングフィードに岡崎が抜けだし、シュートを撃つがゴール左に外れる。

中澤のクリア気味のボールに岡崎が抜けだしてシュートを撃つが枠には飛ばず。

62分、日本。中村俊輔から右サイドの長友に振ってのクロス。こぼれたところ、本田圭佑がミドルを撃つがクロスバーの上。

長友のクロスがこぼれたところ、本田圭佑が狙うが大きく枠の上。

62分、日本。中村俊輔に代えて森本を投入。

中村俊輔は下がった位置にいることが多く、チャンスに絡めなかった。決定的なシュートは撃つことすら出来なかった。

66分、韓国。チャ・ドリに代えてオ・ボムソクを投入。

チャ・ドリはライトバックできっちり結果を出した。

71分、日本。本田圭佑に代えて中村憲剛を投入。

本田圭佑も存在感を出すことは出来ず。

73分、日本。キ・ソンヨンへのファールで遠藤にイエローカード。

キ・ソンヨンの突破をファールで止めた遠藤にイエロー。

76分、韓国。キ・ソンヨンに代えてキム・ボギョン、パク・チソンに代えてイ・スンヨルを投入。

キ・ソンヨンはセットプレーのキッカー、パク・チソンは先制ゴール。

76分、日本。エリア内でボールを受けた森本がシュートを撃つがGKチョン・ソンリョンがセーブ。

森本がエリア内で受けてシュートを撃つがチョン・ソンリョンがセーブ。

77分、韓国。ゴール前でクリアボールを拾ったキム・ナミルがループで狙うがGK楢崎が弾き出す。

キム・ナミルのループ気味のシュートを楢崎が片手で弾き出す。

79分、日本。遠藤に代えて駒野を投入。

遠藤はミスパスが多かった。運動量もなし。

84分、韓国。大久保へのファールでオ・ボムソクにイエローカード。

大久保を止めたオ・ボムソクにイエロー。

85分、韓国。左サイドからイ・スンヨル、イ・チョンヨン、イ・スンヨルとつないで右サイドのパク・チュヨンに渡してのシュート。こぼれをイ・スンヨルが狙うが力なくGK楢崎が押さえる。

左サイドから細かいパスをつないで右サイドのパク・チュヨンに。パク・チュヨンが中に切れ込んでこぼれたところ、イ・スンヨルが狙うがジャストミートできず。

86分、日本。大久保に代えて矢野を投入。

大久保は惜しいシュートがあったが決めきれず。

89分、日本。スルーパスに抜けだしたパク・チュヨンをエリア内でGK楢崎が倒してイエローカード。当然PK。

スルーパスに抜けだしたパク・チュヨンをエリア内で倒した楢崎にイエローカード。PKの判定。

アディショナルタイムは2分。

90分、韓国追加点。PK。パク・チュヨンが右足インサイドでゴール左隅に流しこみゴール。0-2。

パク・チュヨンが落ち着いて左隅に決めて追加点。

ゲームはこのままタイムアップ。0-2で韓国の勝利。

4 件のコメント:

どらぐら さんのコメント...

韓国の方が日本より強い現状、選手のコンディションの問題を差し引いても、「どうしてこうなった」のかがわかりません。
昨年よりも状態が悪いです・・・。
2月の4試合が思わぬ結果に終わってしまったことで、完全に歯車が狂ってしまったんでしょうかね。

S-Kyo さんのコメント...

俊輔の酷さが日本代表のリズムを壊しました。

そう言っていいほどのミスと精度の無さが際立ちました。

Jでもそうですが今の俊輔は、代表から外れるべきとしか思えないですね・・・残念ですが。

遠藤も同様に悪かったですね。

突き詰めれば、選手の良さを発揮させられない指揮官の全責任でもあるんですが^^;

韓国に2度負けて、辞めた方が良くないですか?と聞いてしまう雰囲気。

何だか、ヌルい空気を感じます。

kiri220 さんのコメント...

>どらぐらさん

これで日本は3連敗ですね。
イングランド、コートジボワールに負けて5連敗で本戦出場ということもありうるかもしれません。

問題はいくつもあるのですが、プレッシングのかけ方が下手、動きまわってパスをやりとりするために難しい状態になっているというのが大きいでしょうね。

本田もやりにくそうでしたし。
小笠原も入っても機能しないでしょうね。

岡田さんの勘違いした流動的なサッカーがすべてをぶちこわしたような気がします。

kiri220 さんのコメント...

>S-Kyoさん

中村俊輔の熱狂的なファンのS-Kyoさんが認めざるをえないほど、今の中村の状態はひどいですね。
FKのスピードもなく、弾道も読みやすく、クリアしやすい状態ですし。
あのシュートの場面でどうして右足に持ちかえて切り返そうとしたのかまったくわからないですね。
セルティック時代なら左足で撃っていたと思うのですが。

遠藤はオシムのときにあれだけパス&ゴーができていたのに今はまったく動かないということでひどすぎると思いましたね。
あれなら小笠原を中心に作り直したほうがよさそうです。
今更遅いのですが。

岡田の進退伺いは逃げにしか映りません。
もっとやめるチャンスはいくらでもあったはずなのに、駄目な感じです。